「ねむらない街 新小岩なび」では関連サイト運営者様との【相互リンク】を大歓迎しております!お問い合わせ・TwitterDMから気軽にご連絡ください!

【そろそろキャッシュレスに】ATMの行列はコロナのリスク!すぐにクレジットカードを発行しよう!

【そろそろキャッシュレスに】ATMの行列はコロナのリスク!すぐにクレジットカードを発行しよう!

【そろそろキャッシュレスに】ATMの行列はコロナのリスク!すぐにクレジットカードを発行しよう!

2020年4月、以前新型コロナウィルスの危険が日常に迫っています。

そんな中、ATMで行列を作っている様子が非常に多く見られます。

密です!密です!密です!

ウィルス感染リスクがあるところに自ら飛び込んでいくのはもうやめませんか?

最近はキャッシュレスが進んでおり、私自身あまりATMでお金をおろさなくなりました。

コロナウィルスをきっかけにキャッシュレス進めていきましょう!

まずキャッシュレスとはどういうことでしょうか。

キャッシュレスとは、『キャッシュ(=現金)がレス(=なし)』ということ。

紙幣や硬貨などの現金を使わずにスーパーやコンビニ、飲食店などで決済を済ますことです。

それでは現金を使わずして、どのように決済を済ますのでしょうか。

以下が代表的なキャッシュレス決済の方法です。

みなさんもよく知っているものも実はキャッシュレス決済なんです。

  • 交通系電子マネー(SUICAやPASMOなど)
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • QRコード決済

交通系電子マネーのSUICAやPASMOなどについては、電車を普段使う方はほとんどもっているでしょう。

クレジットカードは「なんとなく危なそう」「使い過ぎてしまいそう」などと不安に思われる方もおり、仮に持っていても使わない方もいらっしゃいます。

デビットカードは聞いたことありますでしょうか?クレジットカードのような使い方ができますが、実際はキャッシュカードを決済に使っているような感覚です。
つまり銀行口座に入っている金額までしか使うことができない決済カードです。

QRコード決済は最近話題の『○○Pay』のことです。ポイント還元キャンペーンで使い始めた方もいらっしゃるかと思いますが、まだよくわからず使っていない方も多くいらっしゃるかと思います。

この中でクレジットカード・デビットカード・QRコード決済についておすすめを紹介していきます!

Advertisement

コロナ対策|クレジットカード『楽天カード』がおすすめ!!

クレジットカードとは、カード発行時の信用審査により、翌月の支払日にまとめて口座引き落としされるカードです。

そしてクレジットカードのなによりのメリットは『ポイントが貯まること』です。

それでは、今回おすすめする『楽天カード』について紹介していきます。

楽天カード』の手数料は永年無料

楽天カード』の還元率は1.0%です。

※ゴールドカード・プレミアムカードがありますが、多くの方にとってはサービス過多であり手数料もかかるためおすすめしません。空港ラウンジ利用無料やETC無料などが通常の『楽天カード』にプラスでつきます。

つまり100円のものを購入すると1円がポイントとして還元します。

0.5%などのカードも多い中、どんな時でも1.0%のポイント還元があるのはとても優秀なクレジットカードです。

そして楽天市場をはじめとする「楽天〇〇」という楽天独自のサービス内で『楽天カード』決済をすることで、2倍~16倍のポイントが得られるのです。

多くの方がもっとも利用する楽天サービスは、楽天市場あるいは格安SIMの楽天モバイル

楽天カード』で、楽天市場の支払いをすると、無条件でポイントが2倍つきます。

楽天カード』で、楽天市場を、楽天市場アプリを通して支払いをすると、無条件でポイントが2.5倍つきます。

楽天モバイル契約者が、『楽天カード』で、楽天市場を、楽天市場アプリを通して支払いをすると、無条件でポイントが5.5倍つきます。

このように「楽天〇〇」といったサービスを積み重ねることで多くのポイントを手に入れることができます。

こういった楽天サービスの軸となっているのは『楽天カード』です。

私も使用しています。(私の場合、楽天証券と楽天銀行を使っていて、楽天市場はポイント3倍となっています。)

そして大手企業運営のためセキュリティについては申し分なく手数料永年無料なのに、海外旅行傷害保険もつくため、長期休暇の旅行のときなどの際に持っておくと便利です。

>>楽天カードを無料発行

公式サイト
(楽天カード)
Advertisement

コロナ対策|デビットカード『楽天銀行デビットカード』がおすすめ!!

デビットカードとは、銀行口座に入っている金額までしか使うことができない制限されたクレジットカードです。

そしてデビットカードでも『ポイントが貯まる』のです。

それでは、今回おすすめする『楽天銀行デビットカード』について紹介していきます。

デビットカードとはクレジットカードと似ていますが、大きく異なるのは銀行口座に入金されている分しか利用ができない点です。

つまり使い過ぎということが起き得ないのが大きな特徴です。

そんなデビットカードは、還元率が大抵低いのです。

ただ、『楽天銀行デビットカード』については、還元率1.0%です。

年会費はもちろん永年無料

上記2点については、楽天カードと同じ条件となります。

しかも、入会審査は一切ありません。だれもが自由に発行できるカードです。

当然楽天市場楽天モバイルの決済に使うことができるので、ポイントもザクザク溜まっていきます。

まずは『楽天銀行デビットカード』を発行し、カード決済に慣れてから、楽天カードなどクレジットカードの発行をしてみてもよいでしょう。

>>楽天銀行デビットカードを無料発行

公式サイト
(楽天銀行デビットカード)
Advertisement

コロナ対策|QRコード決済『PayPay』がおすすめ!!

QRコード決済とは、クレジットカードやデビットカードとは異なりスマホのアプリから支払いをする方法です。

QRコード決済という名のごとく、QRコードをかざして支払うことができるのです。

それでは、今回おすすめする『PayPay』について紹介していきます。

\iOSの方はこちら/

\Androidの方はこちら/

PayPayをはじめとするQRコード決済の方法は大きく2つあります。

  • アプリにお金を手動でチャージして決済する
  • オートチャージ設定で自動で入金されたお金で決済する

手動チャージの場合、主なチャージ方法は登録したクレジットカードや銀行口座からのチャージです。

自動チャージの場合、チャージ残高が〇〇円以下になったら〇〇円をチャージするという設定をすることです。

ここで注意ですが、今キャンペーンされているポイント還元率をフルに活用するにはヤフーカード(クレジットカード)を使用することを強くおすすめします。
というか、ほかのカードではうまみが半減以下です。

ヤフーカード利用で10%ポイント還元がされるところそれ以外のクレジットカードでは0.5%の還元しかされません。

>>ヤフーカードを見てみる

そんなPayPayですが、2020年4月現在、利用可能店舗 “200万か所” にのぼります。

新小岩エリアでも、クレジットカードは導入されていないのにPayPayは導入されている店舗などもあります。

〇〇Pay系の中で圧倒的な利用可能店舗数となっており、正直現段階で新たに始めるならPayPay一択です。

【iOS】PayPay ダウンロードする
【Android】PayPay ダウンロードする

公式サイト
(【iOS】PayPay)
公式サイト
(【Android】PayPay)
Advertisement

新型コロナウィルスから身を守るため、みんなでキャッシュレスへ移行しましょう!

このご時世であったので、キャッシュレス決済についてまとめました。

自分の力で守っていけるところは、積極的に守りましょう。

ATMの行列に並んでいる人は一度考え直して。

お年寄りの方も多くならんでおり、高齢者の方がウィルスをより媒介しやすいという情報もあるようです。

すでにウィルスをもっている高齢者から身を守りましょう。

キャッシュレスは今後定着していくはずなので、まずはデビットカードだけでももっておくとよいでしょう。

\おすすめキャッシュレスまとめ/

クレジットカード 楽天カード
デビットカード 楽天銀行デビットカード
QRコード決済 PayPay【iOsの方】【Androidの方】